鈴木歯科クリニック
ベル歯科クリニック

静岡県沼津市・東京都港区・埼玉県所沢市の歯科・小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科

歯周病

オルトサンプル

オルトサンプル

歯肉の状態をチェックしましょう

歯周病は、歯周病菌が歯と歯茎の隙間に入り込み、歯を支えている骨(歯槽骨[しそうこつ])を溶かしてしまう病気です。
まずは、歯肉の状態をチェックしましょう。

歯茎の状態のチェックリスト

1つでも、チェックが付いた方は歯周病の可能性があります。
健康な歯肉はきれいなピンク色で、はりがあります。
歯周病が進んでいくと、ブヨブヨとした赤みを帯びた歯肉です。

歯周病の進行度合

1は、健康な歯肉の状態です。歯肉が引き締まっている状態です。

2は、歯肉の炎症が見られ、歯みがきをすると、出血します。
歯はグラつきません。歯槽骨の吸収が始まってきています。

3は、歯槽骨の吸収が進み、歯を支えている歯槽骨が減ってきています。
歯はグラついてきます。排膿の症状があります。

4は、歯を支えている歯槽骨が減ってしまい、グラグラします。
この段階にきますと、歯を残すことは出来ない事が多くなります。

歯周病の原因はプラークです

歯科衛生士と一緒に、プラークコントロールをしていきましょう。
歯周病はすぐ、良くなる病気ではありません。それ以上悪くならない様に歯みがきの仕方から、丁寧にお伝えしてまいりたいと考えております。

ページトップへ戻る